みかん作りレポート

  1. 握手会へ

    5/23 握手会

    つい先日咲いたみかんの花も散り、散ったところからは小さな三ヶ日みかんの果実が見えるようになりました。この小さな小さな三ヶ日みかんを、皆さんに美味しいと言っていただけるようにこれからくる梅雨や台風、そして暑さに負けず育てあげていきます。

  2. 2016年は一足早く開花

    みかん開花宣言

    5月に入り一段と気温も高くなってきました。今、三ヶ日ではミカンの花が咲き始めました。今年は表年傾向ということで、例年よりも多くの花がミカンの樹を白く染めています。皆さんはミカンの花の香りをご存知ですか?甘くてとてもいい香りがします。

  3. 三ヶ日みかんのジュース

    4/21 三ヶ日みかんジュース

    暖かい日が多くなってきましたね。みかんの樹にも新しい芽が出始め、春が来たことを実感させてくれます。ゴールデンウィークも近くなり、徐々に暑くなってきます。

  4. 肥料散布機 「マッキー」

    平成28年3月をもちまして、平成27年度産のマルエム三ヶ日みかんの出荷が終わりました。ご愛顧賜り、ありがとうございました。さて、27年度産の三ヶ日みかんの出荷は終了しましたが、すでに28年度産の栽培管理は始まっています。

  5. 剪定の道具

    間伐-かんばつ 剪定-せんてい の作業

    今年度の三ヶ日みかんの出荷も残りわずかとなりましたが、ミカン畑では28年度産に向けた栽培管理が進められています。この時期の主な作業は剪定(せんてい)ですが、剪定に入る前にまずは間伐(かんばつ)。

  6. 本貯蔵「誉れ」homare

    本貯蔵「誉れ」始まります!

    3月になりましたが、まだまだ朝方は冷え込む日が続きます。皆さん体調管理に気をつけて下さい。そんな中、H27年産のマルエム三ヶ日みかんの最後の商品、青島本貯蔵「誉れ」の出荷が始まりました。「誉れ」とは12月頃収獲したミカンをロジ箱と呼ばれる木箱に詰めて長期貯蔵されたミカンです。

  7. 乾燥する冬のうるおい補給

    2月も半ばを過ぎましたが、まだまだ寒い日が続きますね。 冬の寒さと乾燥はミカンの木にとっても厳しいものです。実らせた果実の収穫がやっと終わり、疲れ果てている状態ですから恵みの雨が欲しいところ。 しかし、降水量の少ないこの時期はなかなか充分な水分補給が出来ません。

  8. 寒さからみかんを守るために

    わたしたちミカン農家は収穫を終えましたが、選別作業に出荷と、まだまだ忙しい日が続いています。今回は、ミカンの木を寒さから守る作業を紹介します。強い風や寒さで、木から葉が落ちてしまわないように、寒冷紗(かんれいしゃ)といわれる、ナイロン繊維の網で木を覆ってあげる作業です。

  9.  1/19 新しいことにチャレンジしています

    明けましておめでとうございます。本年もマルエム三ヶ日ミカンをよろしくお願いいたします。さて、収穫による繁忙期は過ぎましたが、主力品種である青島の出荷は今がピークということで、町内はまだまだ慌ただしい雰囲気に包まれております。

  10. 樹上の青島ミカン

    12/15 青島ミカンの出荷を始めました

    青島ミカンの出荷を始めました。現在、三ヶ日町は収穫されたみかんを積んだトラックがよく走っています。青島ミカンの販売期間は12月中旬~4月までの長期販売です。青島みかんは早生みかんに比べて糖度が高く食味の濃い品種です。

ページ上部へ戻る