みかん作りレポート

  1. 静岡県貯蔵ミカン品評会で農林水産大臣賞受賞

    平成29年1月19日に第51回静岡県貯蔵ミカン品評会(JA静岡経済連主催)において、最高位の農林水産大臣賞を三ヶ日町柑橘出荷組合員の山本さんが獲得し、また上位5点に三ヶ日の生産者が入賞することができました。

  2. 試食販売キャンペーン 青島みかんは今が旬

    冬本番の厳しい寒さが続きますね。一般的にみかんは秋から冬にかけてのものと思われているかと思います。年が明けると「みかんはもう終わりだね」という声をよく聞きますが、いやいやそんなことありませんよ。

  3. ミカンの家庭選果

    年明けの集荷が始まりました。

    青島みかんの収穫が終わり収穫したみかんはパレットに積み、この様に積み上げて出荷を待ちます。出荷時には家庭選果を行い、外観の悪い果実や傷みのある果実を取り除き一つ一つ丁寧にみかんを見ていきます。

  4. 収穫を迎えた三ヶ日の青島みかん

    青島みかん出荷の始りと青島みかん収穫の追い込み

    早生みかんの出荷も終わり、三ヶ日では青島みかんの出荷が始まりました。着色が例年よりも早い為、より多くの青島みかんを年内に出荷する事が出来そうです。青島みかんの出荷が始まるのに先駆けまして、青島みかんの収穫作業に追い込みをかけています。

  5. 青島ミカンの収穫

    青島みかんの収穫始まる

    寒さもひとしお身にしみるころ、皆様いかがお過ごしでしょうか。 12月に入り、『早生みかん』の収穫が一段落し『青島みかん』の収穫が始まりました。本年の作柄も良く、甘味だけではなく、濃く深みのある味に仕上がりました。濃く深みのある味は「三ヶ日の青島」ならではだと思います。

  6. 三ヶ日みかんの収穫

    11月3日よりマルエム三ヶ日みかんの出荷が始まりました

    日増しに寒さが加わって紅葉の季節を迎えようとしています。11月中旬となり、みかん畑はオレンジ色に染まり各農家が収穫と出荷に励んでいます。そこで今回は、我が家で収穫時に欠かせない存在となっている農機具をご紹介いたします。

  7. いよいよスタートします!

    肌寒い日が続くようになり、ミカンも本格的に色づき始め、いよいよ11/3から平成28年度の三ヶ日みかんの出荷がスタートします!我が家でも本年度の初出荷に向け収穫作業に励んでいます。三ヶ日の町も出荷が始まるということで慌ただしくなってきたように感じます。

  8. 青森県視察

    朝晩は肌寒く感じる季節になってきました。11月からは、マルエム柑橘出荷組合の早生みかんの出荷が始まります。皆さん楽しみに待っていてくださいね。りんご王国を視察マルエム柑橘出荷組合青年部は9月下旬に青森県に視察へ行ってまいりました。

  9. アンチエイジングフェアin台場

    アンチエイジングフェアin台場

    9月22日~25日にフジテレビで行われたアンチエイジングフェアに三ヶ日みかんのPRに行ってきました。様々な有名企業が協賛していて、その中でも生鮮食品ではJAみっかび(みかん)と、サラダコスモス(もやし)がサンプリングを行いました。

  10. 三ヶ日みかんの枝支え

    夏の終わり

    9月に入り朝晩は涼しくなり夏の終わりを感じるようになりました。そんな中みかんは順調に育っており、果実の大きさは50mm位までになりました。三ヶ日みかんを支える枝支え果実が大きくなることで必要となってくるのが「枝支え」です。

ページ上部へ戻る