みかん作りレポート

剪定講習会

剪定講習会

2月に入り、冷え込む日が続いています。みかんの選果と出荷作業を体調に気を付けながらおこなってます。

さて、畑では来年度産のみかんの為の準備作業として、樹を整える剪定という作業があります。重なりあって隠れてしまう枝や、弱った枝を除去して樹全体に日光が当たるようにしたり、弱った枝や枯れた枝から病害が発生しない為にJAの柑橘技術員が剪定講習会を各支部でおこなってくれます。

みかんの剪定講習会

講習会で剪定を学び、各々の畑で剪定をおこない、来年度産のみかんの為に寒空の中で作業をしていきます。

剪定講習会のテキスト

まだまだ貯蔵ミカンの出荷が続いていますが、畑での剪定作業もおこなっていかなければなりません。剪定鋏やノコギリを使うので怪我をしないように気を付けながらこの冬を乗りきり、皆様の元にみかんを届けて参りますので、今後ともマルエム三ヶ日みかんをよろしくお願いいたします。

ページ上部へ戻る