みかん作りレポート

みかん好きな若者が三ヶ日の地に上陸

猛暑の夏も、お盆を過ぎた頃から少し落ち着き始めてきました。気持ちは早いですが朝、晩は秋の訪れを感じさせるような空気です。

みかんの栽培も摘果作業に追われる日々ですが、太陽光を浴びながらすくすくと育っています。

生育中の三ヶ日みかん

「東大みかん愛好会」が三ヶ日来訪

そんな中、8月23日に「東大みかん愛好会」のみなさんが三ヶ日町を訪れ、園地、施設、機械等の見学に訪れました。

台風の影響で雨が降る中でしたが、みかんの栽培の事、機械の使い方や値段の事、なぜ三ヶ日にはこのような大型倉庫があるかなど、興味を持って質問をしてくれ、産地三ヶ日を知ってもらえる良い機会でした。

みかん好 きな若者たちの発想は、生産現場の人間では思いつかないようなことを考えていたりと、こちらも勉強させられる事が多く、これからの「東大みかん愛好会」の活動が楽しみです。

 

今年も、三ヶ日みかんを待っていてくれる皆様に甘くて美味しいみかんを届けられるよう栽培管理していきますので後2ヶ月少々楽しみにお待ち下さい。

ページ上部へ戻る