ブログ

「間伐」太陽の光を当てて美味しいミカンを

寒い日々が続いていますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

スーパーなどの量販店に行くと、まだまだ旬の食材として「三ヶ日青島みかん」が好評販売中です。
是非、手にとってご愛好のほど宜しくお願いします。

さて、年も明け、2018年産に向けたみかんの栽培管理が始まっております。

 

密植の園地を間伐でカイゼン

みかんの樹は年々大きく成長していきます 。

成長していくと、隣の樹の枝が当たりあって、密植になってしまいます。

密植の園地

この密植を減らすために、間伐という作業があります。

チェンソーで間伐中の園地

チェーンソーで樹を切ることにより、1つ1つのみかんに太陽の光を当てて、品質の良いみかんが出来上がっていきます。
また、風通しが良くなって、病害虫の発生を防ぎ、農作業の効率が上がります。

 

間伐後の写真

これからもマルエム三ヶ日みかんを宜しくお願い致します。

ページ上部へ戻る