ブログ

寒さからみかんを守るために

わたしたちミカン農家は収穫を終えましたが、選別作業に出荷と、まだまだ忙しい日が続いています。

今回は、ミカンの木を寒さから守る作業を紹介します。

強い風や寒さで、木から葉が落ちてしまわないように、寒冷紗(かんれいしゃ)といわれる、ナイロン繊維の網で木を覆ってあげる作業です。
寒冷紗の写真
1月~3月上旬の寒さが厳しい時期に木に被せておきます。葉は次の美味しいミカンを育てる為に重要ですので、大切にしなければなりません。

近年は温暖化の為か、寒冷紗で覆われた木を見ることは少なくなりましたが、大事な作業の一つです。

寒冷紗の写真

まだまだ寒い日が続きますが、マルエム三ヶ日みかんを食べて元気に過ごしましょう。

ページ上部へ戻る