みかん作りレポート

ミカンも頑張ってます

6月に入り梅雨本番となりました。今年のミカンは開花時期は樹全体が真っ白になるほど、沢山の花が咲き豊作になりそうです。

しかし、みかんの樹は実を沢山ならせてしまうと樹勢が衰えてしまい、翌年その樹は実がならなかったり、最悪枯れてしまう事もあります。

そのため樹自身が過剰な負担を避けるために果実が小さいうちに落とす生理落下という現象が今の時期発生しています。

一次落果と二次落果があり、一次は茎から実、二次は実が落ちます。

花が落弁期を過ぎて小さな実となり気温が上昇するとそれに応じて黄緑色になり、この現象が始まります。

ミカンの樹も実がなりすぎると負荷が掛かるので環境に応じてそのような現象をおこして、樹のバランスを保とうとします。
また、生理落果だけでは足りないため摘果作業を行わないといけません。

これから暑い季節になりますが、体調管理をして乗りきって頑張っていきます。

ページ上部へ戻る