みかん作りレポート

三ヶ日みかんの剪定講習会

1月も下旬になり、みかんの倉庫の中では選果に出荷作業と体調に気を使いながらおこなっています。

さて、畑では来年度のみかんの為の準備として剪定という作業を行います。

重なった枝や弱くなってしまった枝等を切り、樹全体に日光を当て病害を予防する作業です。

この作業を農協の柑橘技術員が各地で講習会をおこなってくれます。

このような講演会で勉強することにより皆さまに毎年おいしいみかんを届けることができます。

(写真=各支部のみかん畑の剪定を実演する技術員)

まだまだ貯蔵みかんの出荷がありますが、怪我のないように作業を行い皆さまのもとにマルエム三ヶ日みかんをお届けします。

(写真=新しい技術なども紹介してくれる)

今後ともマルエム三ヶ日みかんをよろしくお願いいたします。

ページ上部へ戻る