みかん作りレポート

高品質栽培への取り組み

摘果した三ヶ日みかん。果肉の色が付き始めた。

10月に入り、猛暑もようやく和らいできました。本年は幸運にも長雨や台風による被害は少なく、みかんは順調に生育しております。

水分コントロールで高品質な早生ミカン

今回は早生みかんの高品質栽培への取り組みの一部をご紹介します。

高品質みかんの栽培には乾燥等の適度なストレスが欠かせません。マルチシートを引いて、雨が畑に入りすぎないようにします。

定期的に分析器で糖度や酸度の数値を計り、ノギスで肥大を確認します。必要であれば灌水を行って、ストレスが掛かりすぎないように気を付けます。

このように水分をコントロールしながら、果実の間引き作業をこまめに行って果実を仕上げていきます。

肥大良好! 品質良好!

本年も美味しいマルエム早生みかんがもうすぐできます。

皆さんのお手元に届くまで、もうしばらくお待ち下さい。

ページ上部へ戻る